ヘアケアおすすめ

シャンプー、白髪染めなど直接髪や頭皮につけるものは、自分の体質に合ったものを使用しないと、かゆみやにおい、かさぶた、ニキビ、湿疹といった頭皮トラブルを引き起こす可能性が高まります。

 

シャンプーや白髪染めをすると頭皮がかゆくなる、チクチクした痛みを感じるといったトラブルは、頭皮に合っていない可能性が高いです。頭皮トラブル以外にも、シャンプーや白髪染めを適当に選んでいると、抜毛や枝毛の原因を作りやすくなります。

 

シャンプーをしているときに髪が排水口に残る、くしを通すと髪が絡まるといった悩みを抱えている人はシャンプーや白髪染めが合っていないことが原因かもしれません。

 

育毛剤を正しく選べていない場合も、さまざまな頭皮トラブルを引き起こすことになります。育毛剤でよく見られる副作用は、フケやかゆみ、かぶれなどです。このような副作用が続くと、さらに頭皮環境が乱れ、症状が悪化してしまう可能性もあります。

 

この他、育毛剤や育毛サプリメントを使用しているのに、なかなか効果が見られないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。育毛剤や育毛サプリメントは比較的値段が高めなので、少しの効果も見られないと毎日使い続けることに不安を感じてしまいますよね。

 

今回は、育毛剤や育毛サプリメントを使っていて効果を感じることができない人、髪や頭皮のさまざまな悩みを改善したいと思っている人のために、自分で出来るヘアケアについて紹介していきます。

 

抜毛、薄毛、白髪、頭皮かゆみ、頭皮におい、枝毛(切れ毛)、頭皮できものといった悩みは、育毛剤、シャンプー、サプリメント、白髪染めなど自分で出来るヘアケアがとても重要です。

 

悩みを解消するためには、髪のセルフケアについて正しい知識を身に付けておく必要があるのです。ただし、頭皮トラブルの症状がひどい場合や、抜毛や薄毛の進行が進んでいるという場合は医療機関での治療が先決になります。

 

特に、男性型脱毛症(aga)は、適切な治療を行わないと進行を食い止めることができません。まずは、医療機関を受診して専門的な治療を受けるようにしてください。
それでは、髪の悩みを解消するためのヘアケア対策をそれぞれ見ていきましょう。

 

女性用 白髪染め おすすめは?

女性用 白髪染めの種類

女性用白髪染めにはいくつか種類があるため、髪のダメージ具合によって適切な種類を選ぶことが大切です。

 

白髪染めには次の3つの種類があります。

  • ヘアカラー
  • ヘアマニキュア
  • ヘアカラートリートメント

 

ヘアカラー

もっとも一般的なのは、ヘアカラーです。短時間で染めることができて長持ちもしますが、髪へのダメージが強く髪が傷んでいる人には向きません。髪が傷むことで、枝毛や抜毛などが悪化する可能性もあるため、髪に悩みを抱えている人は避けるようにしましょう。

 

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは、髪の内側に成分が浸透せず外側に着色するタイプなので、ダメージをほとんど感じることがありません。即効性もあり、繰り返し使うのにも向いています。刺激成分などが控えめになっている商品が多いため、頭皮かゆみや頭皮湿疹など頭皮トラブルを抱えている人でも安心して使用することが可能です。

 

ヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントは、使っていくごとに徐々に色が入っていくのが特徴で、自然に白髪をカバーできるタイプです。シャンプー後に使用でき、手間もかかりません。髪へのダメージはヘアマニキュア同様ほとんどなく、むしろ美容成分が豊富に含まれていることで、使用するごとに髪の傷みを軽減することが可能です。

 

女性用 白髪染め 選び方(痛みにくいのは?)

ヘアケアができる白髪染めとしておすすめなのは、ヘアマニキュアとヘアトリートメントです。保湿成分やダメージ補修成分などヘアケア成分が豊富に含まれているタイプが多く、白髪染め後も髪がごわつく、ギシギシするといった髪へのダメージを軽減することができます。しっとりと指通りなめらかな髪を実現しつつ、白髪染めをしっかりとしたいという人にぴったりといえるでしょう。

ヘアマニキュアとヘアトリートメントを選ぶときは、天然由来のうるおい成分をどれだけ配合しているか、添加物を使用していないかが重要です。

ジアミンやパラベン、鉱物油といった添加物は、人によってはアレルギーを起こす場合があるため、白髪染めはなるべく無添加タイプを選ぶことが大切です。

アレルギーが起こった場合、頭皮かゆみ、頭皮できもの、頭皮かさぶた、頭皮ニキビ、頭皮湿疹といったさまざまな頭皮トラブルを引き起こすリスクが高まります。

またシリコンが配合されているものも、頭皮トラブルの元となりやすいため、無添加でノンシリコンタイプの白髪染めを選ぶのがベストです。

天然由来のうるおい成分も、髪や頭皮にやさしいため、髪が傷んでいる人や皮膚が弱いという人にぴったりな白髪染めになります。ローズマリーやカミツレ、カワラヨモギ、ホホバオイル、セージ葉エキスなど植物由来の原料を多く含む白髪染めを選ぶようにしましょう。

 

白髪染め 女性用 男性用 違いはあるの?

白髪染めには、女性用と男性用の2種類がありますが、どちらも白髪染めの効果はほとんど同じです。どちらの方が染まりやすいというのはありません。

ただ、女性用の方がトリートメント成分をより含んでいるため髪が傷みにくい特徴があります。髪や頭皮へのダメージを考えて作られた白髪染めは、色素も植物由来のものを使用しているのがほとんどです。アシタバ葉、ウコン根茎、オレンジラフィー油、ムラサキ根エキス、クチナシなどが有名。頭皮トラブルを避けながらしっかりと染めることが可能なので、色素にも注意して見てみると良いでしょう。

また、頭皮トラブルを防ぐためにも、パッチテスト済み、アレルギーテスト済みかどうかはきちんとチェックしておくことが大切です。なかには、スティンギングテスト(敏感肌を対象としてテスト)済みのものもあるため、ヘアケア重視で白髪染めを選ぶときはしっかりと確認しておきたいですね。

 

女性用 白髪染めおすすめ

マイナチュレカラートリートメント:マイナチュレカラートリートメント 効果や口コミ評判

 

女性用 シャンプー おすすめは?

シャンプーの種類

抜毛や枝毛といった悩みを解消したいという場合は、シャンプーの選び方が重要になってきます。シャンプーの種類は大まかに次の3つに分類されます。

  • 高級アルコール系シャンプー
  • 石けん系シャンプー
  • アミノ酸系シャンプー

 

高級アルコール系シャンプー

高級アルコール系シャンプーの洗浄成分にはラウレス硫酸やラウリル硫酸があり、成分表示の一番はじめにこれらの名前があると高級アルコール系シャンプーになります。

とにかく頭皮をすっきり洗いたいという人向けですが、抜毛や枝毛がひどい、頭皮かさぶたや頭皮かゆみなどのトラブルを起こしやすいという人は避けた方が良いシャンプーです。シリコンが入っているタイプが多いため、毛穴詰まりを発生させることもあります。手触りや見た目のよい仕上がりにはなりますが。

 

石鹸系シャンプー

石けん系シャンプーは、天然由来の原料で作られていることから髪にやさしいと思われがちですが、こちらも洗浄力が強くヘアケアには向かないシャンプーになります。石けん系シャンプーによく使われる洗浄成分は、脂肪酸カリウムや石鹸素地など。これらは頭皮の皮脂をごっそり取り去るため、人によってはフケやかゆみ、ごわつきやきしみなどが発生し、髪が傷んでしまうことが考えられます。

 

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーは、天然由来のアミノ酸系成分を配合した髪や頭皮にやさしいのが特徴のシャンプーです。高級アルコール系シャンプー、石けん系シャンプー、アミノ酸系シャンプーのなかでもっともヘアケアに向いているシャンプーは、このアミノ酸系シャンプーになります。美容院などでも多く使われ、ぱさつきを防いでしっとりまとまり、抜毛や枝毛などの悩みを解消できるとして人気が高いです。天然由来の成分を配合しているため、低刺激なのもメリットです。皮膚が弱い人や敏感肌の人でも安心して使用できます。

 

女性用シャンプーの選び方

アミノ酸系シャンプーの選び方は、植物由来成分や育毛成分が配合されているかをしっかりとチェックすることです。植物由来成分のアミノ酸は、血行促進や育毛促進、フケ防止などの頭皮ケアと髪の保湿には欠かすことができません。ヘアケアを重視するのであれば、より多くの天然成分を配合しているものを選ぶことが重要なのです。

また、センブリやグリチルリチン酸ジカリウムといった育毛に有効な成分を配合しているシャンプーを選ぶことで、薄毛や抜け毛といった悩みも同時に解消することが可能です。この他、アミノ酸系シャンプーにはボリュームケア成分を配合したものや、リンス・コンディショナーが不要というほど美容成分を豊富に配合したものもあります。植物由来成分を配合した髪と頭皮にやさしいシャンプーで、ストレスフリーなヘアケアを始めてみましょう。

 

女性用シャンプー おすすめ

マイナチュレシャンプー:育毛シャンプー マイナチュレ 効果や口コミ評判

 

女性用 育毛剤 おすすめは?

女性用 育毛剤の種類

薄毛や抜け毛などの悩みを解消するために、育毛剤でヘアケアを行いたいという人も多いのではないでしょうか。

育毛剤は次の3つに分類されます。

  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 化粧品

 

育毛剤(医薬品)

もっとも効果があるとされているのは医薬品で、使われている成分は国が効果があると認めたものです。そのため、高い育毛効果を得ることができます。ただし、使用には医師の診断が不可欠なうえ、副作用を引き起こす可能性が高く、女性の場合医薬品の育毛剤は使用不可であることが多くなっています。

 

育毛剤(医薬部外品)

医薬部外品は、医薬品ほど効果は高くないものの、育毛に効果が期待できる有効成分を含んでいるものです。効果は穏やかで副作用の心配がなく、安心して長期使用することができるメリットがあります。

 

育毛剤(化粧品)

化粧品は育毛の効果を感じられる成分はほとんど配合されておらず、あくまでも髪の健康をサポートすることが目的に作られることの多い育毛剤です。

 

女性用育毛剤の選び方

まずは医薬部外品がおすすめ!

女性用育毛剤を選ぶときは、医薬部外品を選ぶことが大切です。もっとも効果が期待できる医薬品は副作用の関係で使えないケースが多く、化粧品は保湿効果などが期待できる成分を含んでいるだけで育毛の効果を得ることは難しいからです。

医薬部外品の育毛剤を選ぶときは、まず女性特有の薄毛の悩みに着目しているかがポイントになります。男性と女性とでは薄毛になるメカニズムが異なるからです。

男性の薄毛は主に、前頭部や頭頂部にあらわれやすく、薄毛の原因も男性ホルモンによるものが多いです。一方、女性の場合は1本1本の髪が細くなり、分け目が目立ってくるなど全体的にボリュームダウンしながら進行していきます。

薄毛の原因も女性ホルモンの減少やストレス、生活習慣の乱れなど男性とは異なることが多いため、女性ならではの薄毛の原因を解消してくれる育毛剤を選ばなければ高い効果を得ることは難しいのです。

女性の薄毛を解消するには、頭皮環境のケアを重点的に行う必要があります。そのため、頭皮の血行を良くする成分を配合している育毛剤を選ぶことが大切です。頭皮環境をよくすることで、配合された育毛有効成分を毛穴の奥まで浸透させることができるからです。女性ならではの薄毛や抜け毛に対処できる育毛剤で根本から悩みを解消するようにしましょう。

この他、安心して長期使用できるかもポイントになります。副作用を引き起こさないためにも、無添加にこだわった育毛剤を選ぶことは重要です。育毛剤は人によって効果に差が出るため、長期間継続して使用することが求められます。安心して使用できるように、香料、着色料、鉱物油、パラベンなど添加物をなるべく使っていない育毛剤を選ぶようにしましょう。無添加タイプの育毛剤には、妊婦さんや授乳中の人でも使えるものもあるので当てはまる人はチェックしてみてください。

 

女性用 育毛サプリ おすすめは?

女性用 育毛サプリの選び方

育毛剤を使用するのに抵抗があるという人や、育毛剤を使いつつより効果を高めたいという人などは育毛サプリメントの使用が適しています。育毛サプリメントにはさまざまな種類が販売されているため、確かな効果を実感するためにも選び方には十分注意することが大切です。

 

注目する成分は?

育毛サプリメントを選ぶポイントは、育毛をサポートする成分が豊富に含まれていることです。育毛サプリメントには健康な髪を育む役割があり、元気のない髪に有効成分を届けて若々しい髪を取り戻すことが可能です。たとえば、ぺたんとしてボリュームのない髪、細くて抜けやすい髪なども、ケラチンや天然タウリン、メチオニンといった天然由来のアミノ酸によって、ボリュームのあるすこやかな髪を目指すことができます。育毛サプリメントは毛髪の原料となるアミノ酸の配合は欠かすことができません。より多くのアミノ酸を配合した育毛サプリメントを選ぶことが重要になります。

 

美容健康成分などが配合された女性用のサプリメントである、ということもポイントです。女性用の育毛サプリメントには、育毛成分の他に、体の健康や美容をサポートする成分を配合しているものが多くあります。体内環境を整える植物酵素やビタミン、ミネラルといった栄養素や美容効果を高めるコラーゲンやヒアルロン酸、椿エキスといった成分が配合されているものを選ぶことで、薄毛だけではなく体の内側や外側といった全身のケアを行うことができます。

 

安全性の高さをチェック!

安心して摂取できるように徹底した安全管理を行っているものを選ぶことも忘れてはいけません。サプリにおける安全性の高さとは、無添加であるというだけでは足りないため注意が必要です。厚生労働省の定めるガイドラインに沿ったGMP基準(適正製造規範)をクリアしているか、衛生管理は徹底しているか、農薬や放射性物質検査は行われているかなどが重要です。一般的に、育毛サプリメントは育毛剤と比べて安全性が高いといわれていますが、人によっては副作用が出る恐れがあるため、安全性に特化した育毛サプリメントを選ぶようにしましょう。

 

男性用 白髪染め おすすめは?

男性用 白髪染めの選び方

鏡を見たときにいつもより白髪が目立ってきたというときには、男性も女性と同じように白髪染めをするという人が多くいます。男性の場合、どのポイントに注意して選ぶ必要があるのでしょうか。

 

男性も無添加で髪や頭皮に優しいものを選ぶ!

男性が白髪染めを選ぶときは、とにかく無添加で髪に優しいタイプを選ぶことが重要になります。

白髪染めは色素の抜けた髪に色を完全に入れるため、もともとヘアカラーよりも傷みやすい特徴があります。そのため、繰り返し使うと髪に大きなダメージを与えてしまうのです。抜毛や枝毛、かゆみなどの症状が出る場合もあるため、刺激成分が配合されていない白髪染めを選ぶことが大切です。

特に、パラフェニレンジアミン、パラトルエンジアミンといったジアミン系の成分は、アレルギー症状を起こす恐れがあるので注意してください。購入する前に、成分をしっかりと確認するようにしましょう。

基本的に、市販されている安価なものは、強力な薬剤を使っているものが多いため避けた方が無難です。市販品を継続使用すると、髪がぱさついたりきしんだりと髪の傷みが激しくなってしまうことが考えられます。使えば使うほど髪の質が低下することになるので注意してください。

 

女性用ヘアーカラートリートメントが安心!

男性におすすめの白髪染めは、女性用で販売されているヘアカラートリートメントです。

女性向けに販売されている白髪染めであれば、ジアミンやパラベン、鉱物油といった添加物も一切入っていませんし、ノンシリコンタイプが主流なので地肌トラブルを心配する必要もありません。

天然由来の植物色素と美髪成分で、しっかりと白髪を染めつつ、さらさらで清潔感のある髪を実現することができます。さらに、自宅で簡単に行えることで、仕事で忙しいという人でもシャンプーのついでに白髪染めが行えます。

ヘアカラートリートメントはカラーも豊富なので、自分に合った髪色を選べることも大きなメリットでしょう。白髪染めは髪や頭皮にやさしいものを選ばないと、薄毛や抜毛といった頭皮トラブルを招くこともあります。白髪染めで頭皮トラブルを引き起こすことのないように、成分にしっかり目を通して選ぶことが大切です。

 

男性用 シャンプー おすすめは?

男性用 シャンプーの種類

薄毛や抜毛、頭皮ニキビ、頭皮かゆみ、頭皮においといったさまざまな頭皮トラブルを抱えている人は、自分に合ったシャンプーを使えていない可能性が高いです。トラブルを解消するためには、自分の悩みに合ったタイプを選ぶことが重要です。

 

男性用シャンプーは、ノンシリコンシャンプー、アミノ酸シャンプー、スカルプケアシャンプーの3つに大きく分けられます。

  • ノンシリコンシャンプー
  • アミノ酸シャンプー
  • スカルプケアシャンプー

 

ノンシリコンシャンプー

ノンシリコンシャンプーは、髪をなめらかにする成分のシリコンが配合されていないタイプのシャンプーです。

女性の場合は髪をしっとりさせるためにシリコン入りを選ぶ人も少なくないですが、男性の場合はシリコンのせいで髪のべたつき、頭皮できもの、頭皮ニキビなどのトラブルを引き起こすケースが多いです。

そのため、頭皮や髪がべたつきやすい脂性肌の人などはノンシリコンシャンプーを選ぶのがベターです。

 

アミノ酸シャンプー

アミノ酸シャンプーは洗浄成分が弱く、頭皮への刺激が少ないシャンプーになります。敏感肌や乾燥肌といった人はもちろんのこと、フケが出やすい人にも適したシャンプーです。

 

スカルプケアシャンプー

スカルプケアシャンプーは、頭皮環境改善を目的としたシャンプーです。育毛効果を得たいという人や、さまざまな頭皮トラブルを抱えている人はこのタイプを選ぶのがベストです。

スカルプケアシャンプーに配合されている主な成分には、センブリエキスやグリチルリチン酸2K、フルボ酸、キャピキシル、ジフェンヒドラミンHCなどがあります。

それぞれ毛母細胞の働きを活発化させたり、皮脂の過剰分泌を抑制したりといった効果が期待できます。特に、ジフェンヒドラミンHCは血行促進や抗炎症効果が認められている成分なので、頭皮湿疹や頭皮ニキビ、頭皮かゆみといった悩みを抱えている人にぴったりです。

 

男性用 シャンプーの選び方

男性用シャンプーは、男性ホルモンの乱れで起こりやすい頭皮のべたつきや抜毛、薄毛といった悩みに配慮したものが多いです。そのため、シャンプーの効果や効能をしっかりと見極めて選ぶことが大切になります。頭皮トラブルを避けたいという人はノンシリコンシャンプー、刺激に弱いという人はアミノ酸シャンプー、抜毛や薄毛を解消したいという人はスカルプケアシャンプーといったように目的に合ったシャンプーの選び方をしましょう。

 

男性用 育毛剤 おすすめは?

男性用 育毛剤の種類

最近髪が薄くなってきた気がする、抜毛が気になるという人は、育毛剤でのヘアケアが大事です。

男性用育毛剤の場合は、男性ホルモン抑制タイプ、血行促進タイプ、毛母細胞活性化タイプ、栄養補給タイプの4つに大きく分けられます。

  • 男性ホルモン抑制タイプ
  • 血行促進タイプ
  • 毛母細胞活性化タイプ
  • 栄養補給タイプ

 

男性ホルモン抑制タイプ

男性ホルモン抑制タイプは、男性ホルモンが大きくかかわっている男性型脱毛症(aga)の薄毛を解消する目的で作られています。

男性ホルモンは、5αリダクターゼという酵素の働きによってDHT(デヒドロテストステロン)という物質に変化しますが、この物質が薄毛や若ハゲを引き起こす原因です。

男性ホルモン抑制タイプは5αリダクターゼに直接働きかけて分泌を抑制するため、男性型脱毛症の予防・改善をすることができるのです。

 

血行促進タイプ

血行促進タイプは、頭皮の血行不良で起こる薄毛に有効です。毛細血管を拡張して血行をよくすることで、頭皮に栄養を届けやすくします。

 

毛母細胞活性化タイプ

毛母細胞活性化タイプは、頭皮環境の乱れで起こる毛母細胞の機能低下を正常化するのが目的です。毛母細胞の働きが弱まったことで起こる薄毛の改善が見込めます。

 

栄養補給タイプ

栄養補給タイプは、健康的な髪をサポートするためのものです。豊富な栄養素を配合することで、発毛を促す効果が期待できます。

 

男性用 育毛剤 選び方

男性育毛剤は、これまでは特徴が1つしかないものが多く販売されていましたが、特徴を複数持った複合型の育毛剤が主流となりつつあります。

そのため、育毛剤を選ぶときは、自分の悩みに対してより多くの効果が期待できるものを選ぶことが大切です。

たとえば、血行促進に効果的なセンブリエキスやオウゴンエキス、皮脂の過剰分泌を抑える効果のあるダイズエキスやドクダミエキス、頭皮環境改善に役立つローズマリーエキスやゴボウエキス、髪を構成するアミノ酸、5αリダクターゼの分泌を抑制する成分が1本に配合された育毛剤などです。

なかには、スカルプケア成分を配合しつつ、地肌を柔軟にして発毛を促すカプサイシンを配合したものもあります。

男性の頭皮トラブルは原因となり得るものがさまざまあるため、自分の悩みに合ったタイプ、多くの悩みに対応できるタイプを選ぶことでさまざまな頭皮の悩みを一度に解消することが可能です。

 

男性用 育毛剤おすすめ

フィンジア:フィンジアの効果や口コミ評判

 

 

男性用 育毛サプリ おすすめは?

男性用 育毛サプリ 選び方

育毛剤を使っている人は、育毛サプリメントを併用してより高い効果を得たいと考える人も多いのではないでしょうか。

男性の場合、育毛や発毛をサポートする有効成分が豊富に含まれているものを選ぶことがポイントです。

脱毛の原因にアプローチできる成分が配合されていなければ思うような効果は期待できないですし、効果が認められているものでも1種類しか配合されていなければ高い効果を望むことはできないからです。効果の高い成分をバランスよく配合しているかどうかをチェックして選ぶようにしましょう。

 

注目する成分は?

脱毛を抑える成分として育毛サプリメントによく使用されるのは、ノコギリヤシ、亜鉛、ミレットエキス、大豆イソフラボンなどです。

なかでも、ノコギリヤシは5αリダクターゼの分泌を抑制する効果が認められているため、男性型脱毛症の進行を遅らせるのに適しています。

亜鉛やミレットエキスはすこやかな髪をサポートし、大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きで薄毛を抑制します。

ビタミンやミネラル、必須アミノ酸といった栄養素を豊富に含んでいることも重要なポイントになります。男性の薄毛は遺伝や男性ホルモンなどが原因で起こるケースが多いですが、食生活の乱れなど栄養不足が原因のケースも多々あるからです。

栄養不足で起こる薄毛は、20代など若い段階で症状が引き起こされることもあるため、原因を解消するためにも栄養が詰まった育毛サプリメントを選ぶことが重要になります。

 

同じメーカーのものが効果が高く、副作用の心配も少ない!

育毛剤を販売しているメーカーなどは育毛サプリメントも販売しているケースが多くあります。育毛剤をすでに使用していて育毛サプリメントと併用したいという場合には、同じメーカーから販売されている育毛サプリメントを選ぶことでより高い効果が期待できます。

慣れ親しんだ育毛剤と同じメーカーの育毛サプリメントを使用するのであれば、副作用の心配なく安心して摂取することもできますよ。副作用が心配という人は、衛生管理を徹底しているか、残留農薬・放射能検査で問題がないかなどをチェックするようにしてください。

 

ヘアケアまとめ

白髪染めやシャンプー、育毛剤、育毛サプリメントについて、女性用と男性用にそれぞれ分けて紹介しました。

ヘアケア対策を行うときは、自分の体質や悩みに合った方法でしっかりと対策しておくことが大切になります。

特に、男性は頭皮トラブルの原因が多いので、症状を見極めて商品を選ぶことが重要です。女性の場合は、シャンプーや育毛剤などメンズ専用のものは副作用の心配があるため、自己判断で使うことは絶対に避けてください。

今回紹介した選び方のポイントや注意点などを参考にして、正しいヘアケア対策を始めてみましょう。

更新日:

Copyright© 抜け毛 薄毛 白髪対策♪黒髪 美髪を取り戻すために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.